遺言者が書ける年齢について

遺言書というのは高齢者がするものというイメージを抱いている人は非常に多いです。
確かに、高齢者の多くは死期を考えて、遺された家族のために書かれることが多いといわれています。
しかし、決して高齢者しか書いてはいけないかというとそうではありません。
法律的には満15歳以上の人が正式に書かれたものならば、法律的に効果があるといわれています。
通説によると献血やドナー登録もこの法律的の効果から満15歳以上の人だけしかできないようです。
では、なぜ満15歳からかというと、あくまで推測ですが、満15歳になれば、義務教育が終わり社会で働ける年となっています。
つまり、未成年ではあるものの立派な社会人として扱おうとしているのかもしれません。
また収入を得ることも可能であるため、亡くなったときの相続トラブルを回避させる要素も含まれているのかもしれません。
何はともあれ、高齢者だけでなく満15歳以上になれば、遺言書を書くことができます。

最近のブログ記事