遺言書に書かれる日付について

故人の遺産を遺族で相続について話し合うとき、重要なポイントとなってくるのが遺言書です。
でも、これがいくつも現れてきたらどうするのでしょう。
実は遺言書がいくつも現れて裁判になったケースがあります。
というのも、故人が心変わりをしたらしく、その都度何度も書き直してしまったからです。
ではどれを一番尊重するべきなのかというと、重要となってくるのが日付です。
自署で書かれた日付が新しいのが故人として最も尊重される遺言書だといわれています。
それは考えてみれば当たり前のことです。
故人が生前のころからいろんな情報が入ってきて、常に心情も変化しているのですから、一番日付が新しいものが最もいろんな情報を得て書かれたものだといっても過言ではありません。
そのため、日付というのはときとして非常に重要なポイントとなってくるため、書くときには注意する必要があります。
というよりも、そもそも日付がないものは法律的には認められないのです。

最近のブログ記事