相続も遺言書の内容によってはトラブルになる

親などが亡くなったあとには財産というものが残りますよね。
財産といってもプラスになるものもあればマイナスになるものを残される場合もあります。
大方はきっとプラスになるものを残されている方は多いと思いますが・・・。
そしてそれを誰が相続するか?という問題もあります。
普通何もなければ配偶者や子供が財産を受け継ぐのが一般的ですが、その亡くなった方が遺言書を残していた場合誰が財産を受け継ぐのかが変わってきます。
そして何かの理由があって別の方の名前を書いて相続させるわけですが、これがトラブルになることも多いようです。
特に遺言書を残す方はある程度財産を持った方が多いので、配偶者や子供が財産を受け継ぐと思っていたところに知らない愛人の名前が書かれていることもあるようです。
確かに自分に置き換えても父親や旦那がそんな遺言書を万が一のために残していたらショックかもしれません。
(私の家にはそんなに財産はありませんが)
相続にもいろいろな形があるので私も今から勉強していきたいとも思いました。

最近のブログ記事