遺言書とエンディングノート

高齢になってくるとどうしても死というものを意識してしまうものです。
そのため、エンディングノートと呼ばれるものが近年流行しているようです。
白紙のノートに遺された家族や友人に充てるために書かれるケースも多くあります。
もちろん、そのエンディングノートを書くことはいいのですが、時々それを遺言書として扱っている高齢者がいるようです。
でもエンディングノートは決して法律的に効力があるものではありません。
そのため、エンディングノートだけ意思表示されていても、遺産相続で反映されないケースがありトラブルに発展することも増えているそうです。
そのようなトラブルに発展しないようにするためにも、遺言書は正式な手続きの元できちんと綴っていくことが大切となります。
もしも不安に感じている人がいるのならば、ぜひお近くの法律相談事務所などで相談してみると良いでしょう。
真剣に対応してくれるため、悩みを解消することができるはずです。

最近のブログ記事