遺言によって法定相続人以外にも遺産は残せます

遺言の効力は法律で決められた人以外にも相続財産を残す事ができるのです。
例えば、世話になったお手伝いさんに、気持ちばかりのものをあげたいと言った事は可能になります。
被相続人が財産の何を誰にどれだけ残すかと言った事を可能にする訳です。
遺留分があるので、すべてを自由にできるという訳にはいきませんが、ある程度はこれによって実現できます。
民法によって相続できる人間と割合は決められています。
妻と子供がいる場合は、妻が2分の1、残りを子供の数で分割します。
だけで子供がいない場合は、夫の両親が妻と分け合う形になります。
妻が3分の2、夫の両親が3分の1で分け合い、夫の両親が亡くなっていて、夫の兄弟がいる場合は、妻が4分の3、兄弟が4分の1と言う割合になります。
夫の親族が妻だけの場合、当然妻が全部を引き継ぎます。
妻が亡くなっていて、親族が子供と夫の両親と夫の兄弟だけならば、それは全部子供が引き継ぎます。
遺言は一定の限度はありますが、それ以外に財産を分け与える事ができるのです。

最近のブログ記事