遺言の大切さ

自分の死後の事、確かにまだまだ先の話だと思っています。
しかし直ぐきてしまう可能性もありますし、まだまだ先という可能性もありますし。
こればかりは自分は勿論の事、誰にもわかりません。
どちらかというと相続や遺言っていうと自分の事でなくて親とかが身近な話になるのかもしれません。
私は相続というのは何もなければ法律に則って配分されて、それは配偶者が半分で子供が等分ってやつですね。
遺言書があればそれに則った形が適用されるって思っていました。
書き方とか特になく、その本人が書けば効果があるものだと思っていました。
でも違うんですね。
書き方には決まった作法があり、法律的な適用を設けるのであればそれなりの手続きも必要になってきます。
案外これって知られていないのかなと思います。
それと遺言書を書く事が出来るのは実は高齢の方だけではありません。
満15歳以上であれば作成する事が可能なんです。
だから何時来るのかわからないその時のために自分の意思を示しておくのが大事なのかもしれませんね。

最近のブログ記事