相続において、亡くなった方の意志を通すために役立つ遺言のこと

亡くなった方の財産を分配するという場面には、遺言がつきもののようなイメージがあるかと思いますが、実際には、なくても相続の手続きを進めていくことができます。
なぜなら、法律によって、亡くなった方との続柄に応じた遺産の分配割合が定められているので、その通りに手続きを進めていけば良いからです。
こう書くと、法律で定められているのであれば、亡くなった方の意志は関係ないのかと思ってしまうかもしれませんが、それはもちろん違うのでご安心くださいね。
法律で定められている分配割合は、あくまで一般的に望ましいだろうとされる割合になっています。
実際には、「誰々に、より多くの財産を分配したい」といった希望があるでしょう。
そうした、法律通りの分配では納得がいかない部分に関しては、生前に遺言書を残しておけば、そちらの方が法律より優先されるようになっているので、亡くなった方の意志を通すことができるのです。
ただし、遺言書にはきちんとした形式があって、それに適合していないものは無効になってしまうことがあるので、その点は注意して作成することが大切になります。

最近のブログ記事