相続の遺言の問題点

親が亡くなって相続することになると、一番問題になるのが遺産分割です。
これは兄弟間でもめなければすんなり行きますが、親が遺言を書面として作成しているかどうかも関係してきます。
そこで、その作成ですが、第一の方法としては、自筆のものであることです。
これは自筆でなければ無効です。
次に方法としては、公証人役場で作成するものですが、これは公証人の立ち会いのもとで作成するので、有効なものとして扱われます。
このように、遺言書は確実に作成する必要があります。
その書式や自筆かどうかなどを巡ってよく裁判が起きますので注意が必要となります。
私の身近でも実際に起きています。
これを見ると、それを作成した時の故人の状態が問題になっているので、そういうことも含めてよく知っておくことです。
問題点は早めに解決しておくことで無用のトラブルを防ぐことができますので、故人の意思がはっきりと表示できるようにしておくことで、相続でもめないようにできると思います。

最近のブログ記事