公正証書遺言について

病気や老衰によって死を間近に感じ取っている人は、生前にいろんな整理をしておきたいことがたくさんあるものです。
その一つに遺言書の作成があります。
遺族の間で相続トラブルにならないためにも、不可欠な生前整理だと言えるでしょう。
しかし、病気や老衰ですでに自分の力で書くことができない方もいるはずです。
基本的には自分で書かないと遺せなくなってしまいます。
そのようなことがないように、公正証書遺言というものがあります。
これは公証人に口で伝えて、その公証人が代理で証書を書いていく方法です。
ただそこには2人以上の証人などの立ち会いなどが必要とされており、いくつかのハードルを越えなければ法律的に効果を及ぼすことができません。
そのため、一般の人々でも公正証書遺言を作ることができますが、一般的には弁護士などの法律のプロフェッショナルにお任せするのが一般的です。
そうすれば、安心して自分の意思の後世に遺すことができるわけです。

最近のブログ記事