オーナー経営者は遺言書を作っておかなければならない

オーナー経営者は、遺言書を作っておいた方が良いでしょう。
そうしないと、もし亡くなってしまった場合、法定相続で財産を分割しなければなりません。
株式・その他の財産をそれぞれの者へ分け与えてしまったら、会社の経営基盤が弱くなってしまいます。
ですから、相続が元で会社が傾いてしまった例は、これまでにも幾つもの事例があるんです。
しかし、遺言書がない時でも絶対的に、法律で決まった分配をしなければならないというわけではありません。
これは、子供の一人が事業を継承して、会社を守り立てて来た場合などを考えて貰えば判るでしょう。
会社を大きくした貢献があった場合、寄与分という遺産がたくさん配当される、貢献分というものがあるんです。
ところが、寄与分の勘定は難しいものがあります。
会社を大きくしたのだから、その分たくさん遺産が受け取れるといっても、数字で出すのは難しいんです。
だから、遺言書を作っておかなければ、はっきりとした分配が難しいことになります。

最近のブログ記事