相続トラブルと遺言

相続トラブルというのは毎年のように新聞で採り上げられる話題の一つになります。
資産家や大物芸能人が亡くなったとき何十億円ものお金が動くのだから当然だといえます。
では、一般の家庭でそれが無関係かといえば、それも違います。
というのも、相続トラブルというのは決して金銭の大きさではないからです。
人間関係、家族同士の関係などが大きく立ちふさがっており、一種の感情論でトラブルになるケースの方が多くあります。
そのようなトラブルを解決する方法の一つに、遺言があります。
すべての財産は元は故人のものであり、遺族よりも故人の意向が一番に反映されなくてはなりません。
そのため、法律的には基本的に故人の遺言が何よりも重視される形となっています。
もしも自分が亡くなったとき、何らかのトラブルが発生しそうな人間関係であると思ったのならば、一にも二にも遺言書を作成しておくことが何よりも大切なことでしょう。
それが残された家族を守ることでもあります。

最近のブログ記事