共同では書けない遺言書

時々、誤った遺言書の書き方をしている人がいるようです。
たとえば、若い新婚カップルが自分たちの将来のことやもしもどちらかが先に旅立ったときのことを考慮して夫婦で同一の証書に書くケースがあるようです。
その新婚カップルは法律的な効力があると思っているのでしょうが、実際にはアツアツの気持ちを綴ったラブレターのようにしか扱うことはありません。
というのも、遺言書というのは共同で同一の証書に書くことを禁止されているからです。
もちろん、禁止でありますが法律違反というわけではありません。
なぜならば、2人以上で書いてしまうとそれを撤回するのが困難となってしまうからです。
将来離婚するかもしれませんし、家族間で亀裂が入っているかもしれません。
そのとき、撤回するかどうかでトラブルに発展してしまう可能性があり、それが相続トラブルにも発展する危険性もあるからです。
そのため、単独で書くのが大切になっているわけです。

最近のブログ記事