2013年6月アーカイブ

人はいつどんな死が訪れるか分かりません。
誰にも平等に訪れますが、家長の場合は死後、その財産を巡って遺族が揉め事になる可能性もありますので、出来るだけ専門家と相談しながら遺言書を作って置くと良いでしょう。
家長の死後、家族が相続を巡って醜い争いをする話は偶に聞きます。
息子と母親で裁判にまで発展したという話が芸能界の世界で有名になった事があります。
このようなみっともない争いは人々の記憶に残ってしまいます。
不名誉な噂話になってしまいますので、出来るだけきちんと元気な内に済ませて置くと安心です。
完全に遺言書を書き綴った後に、少しして遺族への配分などを書き換える場合もあるようです。
途中で状況が変わってどの子により多く相続させたいか、遺産を渡したいかも変わる場合も出てきます。
作ったらそのままそれで終わりでなく、途中で変更も出来ますので、気軽に思い立った時に作って置くと安心です。
残された家族のためでもあります。

万が一、自分に何か起きた時のためにと、遺言書を書かれる方もいらっしゃいますが、この効力によって、骨肉に関する事で争わなくても済みますし、残された遺産を相続させるために、きちんと分け与える事が出来ます。
遺言を残すための文書作成方法が3つありますので紹介します。
文書を残そうとしている人が自分で、署名や押印を行なったり、文章や日付、氏名などを自分で記入する方法があります。
この方法は、一般的に、よく利用されています。
2つ目は、証人が2人必要となり、残したいと思っている相続に関する情報を基に、公証人が文書を作成する方法です。
3つの方法の中で、最も安全性が高くなっています。
3つ目は、残しておきたいと思っている情報を、誰にも知られずに作成する文書の事です。
1つ目に紹介した方法とほとんど似たような作成方法ですが、こちらの文書は、ワープロやパソコンなどを使用した内容となっていても効力が発生します。
それぞれの方法に対して共通している事は、遺言への効力がない人が作成した文書では、全く機能を働かせる事が出来ません。