揉め事を起こさないための遺言書

万が一、自分に何か起きた時のためにと、遺言書を書かれる方もいらっしゃいますが、この効力によって、骨肉に関する事で争わなくても済みますし、残された遺産を相続させるために、きちんと分け与える事が出来ます。
遺言を残すための文書作成方法が3つありますので紹介します。
文書を残そうとしている人が自分で、署名や押印を行なったり、文章や日付、氏名などを自分で記入する方法があります。
この方法は、一般的に、よく利用されています。
2つ目は、証人が2人必要となり、残したいと思っている相続に関する情報を基に、公証人が文書を作成する方法です。
3つの方法の中で、最も安全性が高くなっています。
3つ目は、残しておきたいと思っている情報を、誰にも知られずに作成する文書の事です。
1つ目に紹介した方法とほとんど似たような作成方法ですが、こちらの文書は、ワープロやパソコンなどを使用した内容となっていても効力が発生します。
それぞれの方法に対して共通している事は、遺言への効力がない人が作成した文書では、全く機能を働かせる事が出来ません。

最近のブログ記事