遺言書の書き方

相続問題で揉めないためにも資産を持つ人は遺言書を書いておくのがいいでしょう。
残された家族や親しい人たちに向けた最後のメッセージです。
資産家、お金持ちといった人でなくても残すことはできますし、
残しておいたほうがいいでしょう。
近頃では遺言書を残す人が増えているようです。
しかし遺言書には正しい書き方があります。
間違ったものですと法的な効力を持たないこともありますから、
書く前にはきちんと調べてから書くのが良いです。
難しいルールがある訳ではありませんので、
作成日時や、署名を印鑑等など最低限のことを守って書きましょう。
そして書く内容もハッキリと決めてから書くほうがいいです。
あいまいな表現で書くと残された人も困惑してしまいます。
意思を残したい事柄をよく考えるのが大事です。
第3者に相談するのもよいでしょう。
法律関係の専門家にアドバイスを貰えれば伝えたい意思を残すことができます。
間違いがなくできますので確実です。

最近のブログ記事