相続に対し遺言書を残す場合は遺留分に注意する

ニュースを見ていると血の繋がった家族、親族なのに相続問題で言い争いになり、事件にまで発展してしてしまって悲しい結末を迎えているのを見るととても寂しい気持ちになります。
お金は人によっては人格までも変えてしまう怖さを持っているという事です。
亡くなられた方も自分の相続問題で親族が争っているところなんて決して望みません。
こういう問題に発展してしまう前にも、生きている内に遺言を残しておく必要があると思います。
よく映画やドラマで遺言書が残してあり、全財産は誰々に全て渡すと書かれているシーンを見た事があると思いますが、現実には不可能に近いと言えます。
法律では、法定相続人として配偶者、直径卑属、直径尊属には遺留分と言って一定の財産を残さなければならないように定められています。
渡したくない方がいる場合はその本人に家庭裁判所に出向いてもらい遺留分放棄の手続きをして貰えば可能ですが、難しいと思います。
よって遺言書を残す際は、遺留分に注意して分配を考えておくようにしましょう。

最近のブログ記事