2014年1月アーカイブ

自分の親の遺産といえば、今住んでいる家と土地くらいですが、他に貯金とかは無いはずです。
ですが、ひょっとしたら隠れ財産があるかも知れません。
もしあるとしたら、やはり遺産相続のために遺言書を書いてもらったほうが良いと思います。
そうしないと、親族の中でも立場が弱い自分はいいように操られる可能性があり、遺産の分け前にしても少しだけしか貰えず、ほとんど他の親族に取られるかも知れません。
そうならないためにも、遺産を相続するための遺言はしてもらうべきです。
そればかりか、親族の中にはもし親が死んだら、頼りないお前じゃ今住んでいる家を管理できないだろうから出て行くしかないだろうと、相続を諦めろと言わんばかりの事を言い、自分が頼りない事を知っていて、親族側の有利にしようとしています。
ですから自分を守るためにも、遺言などの手続きをして貰うべきだと思いました。
そうしないと、今住んでいる家さえ失いかねないからです。

相続にまつわるトラブルというものは最近、特に絶えません。
もし自分が亡くなった後に自分の家族が遺産を巡って問題を抱えてしまうと想像したらとても悲しくはないでしょうか?本当は仲が良かった家族が悲しむ顔を見たくないのは誰しもそうです。
しかし相続の問題だけはこういうことが頻発しているようです。
とても残念なことです。
しかしそうならないようにすることも可能なのです。
どうしたら良いかと言えばやはり遺言という方法を使った方が良いです。
しっかりと生前に遺産相続の分け方を決めておく訳ですね。
それも法的に決めておくと完璧です。
ただし、それは法律の専門家に相談することは必要です。
それについての知識がないとどうしても間違うというか法的な有効性がない遺言になってしまう恐れがあるからです。
多くの人は生前に弁護士などに相談をすると言いますから無用なトラブルを恐れている方ならば相談をして法的な根拠のある遺言を作成しておいた方が良いです。