遺産相続のための遺言書を作成する時期

人間関係が多様化している現在、亡くなる側の人間にとっても残される側の人間にとっても正式な遺言がとても大切になることは明白だと思います。
遺産の相続は難しい法律と人情がからみ、一筋縄ではいかないものです。

しかし、この遺言をいつ書けばいいのか?という事が難しいような気がします。
あまり早い時期ですと、まだ人間関係や環境に変化がある可能性があり、現実味をともなって考えられない感じです。
反対に遅すぎる不安もあります。
自分の意思がはっきり示せるうちでないと意味を持たなくなってしまいます。
生前に知らされていなかった状況で遺産分け時に遺言が見つかり、子供の中で介護等に非協力的だった1名に遺産が集中するような例もあるようです。
このような場合、書かれた時期がいつだったのか、故人が書いたことを忘れる程以前なのか、または自分の意思表明がすでにしづらくなっている時期ではないのか等の問題があると思います。
しかし、日付の新しい正式なものがないかぎり、この書面が有効になるのです。

自分の亡き後を考えるのはとても難しい作業ですが、早めにとりあえず現状下での意思を正式書面にし、変化によって書き換えるといった努力が必要になります。
煩雑ではありますが、非常に重要な事だと思います。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.unitgems.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

最近のブログ記事