2014年4月アーカイブ

万が一に備えて遺言状を作成しようと思っても、正しい文書の作成がされていないと内容が無効になる事があるとご存知でしたか?
公正な遺産相続ができるように、そしてい円満な相続ができるように、残された遺族のことを考えて正しい遺言状を作成しましょう。
そのためには、専門的なの知識が必要となります。
そんな時は行政書士や弁護士、司法書士の専門家からのアドバイスを頂くことがベストです。
内容が複雑化するときなどは、自信で行わず絶対に専門家に頼って作成するのが良い方法です。
皆さんがそれぞれに抱く思いがあると思います。
忠実に文書にして伝えられるようにしましょう。
自筆証書で作られるものが一般的ですが、自筆証書は作成した日付、署名、押印が必ず必要になります。
この決められた書式を無視したり、忘れてしまっては一切無効となってしますのです。
ちょっとしたミスでも無効となってしまう遺言状ですから、専門家にチェックしてもらうことが必要なのです。

財産がある方はぜひ早めに準備しておきたいのが遺言です。
今まで仲が良かった家族が遺産相続で揉めて、関係が拗れると言うのはよくある話です。
人間お金が絡むと争いを生むきっかけになってしまう場合も。
こういった状況のことを、骨肉の争いと言います。
遺言は書き換えることも可能なので、まずは書いてみることが大事です。
財産を誰にどの程度譲り渡すのか、生前にしっかりと考えておく必要があります。
しかし本人が書けばどんなものでもいいのかというとそうもいきません。
まず実筆であることが大前提になります。
ワープロやビデオレターなどは無効になる可能性が大変大きいです。
また日付や署名、印鑑が押してあることも大事です。
遺言をしっかりと確実に残したい方は、公証人の立ち会いのもと書くことをおすすめします。
公証人に手数料を払う必要はありますが、その分安心を買うことが出来るのでもったいなくはないはずです。
民法の規定に添って書くことで、遺族が争うことを避けることが出来ます。