遺言書の方式について知ろう

相続をスムーズに行えるよう、生前に遺言を残しておく方は多いですが、その様式に不備があり、実行できないということは少なくありません。
それゆえに、これから遺言を残しておこうと考える場合は、失敗のないよう、有効なものを残せるよう、書き方についても良く調べておきましょう。
まず自筆で全文を書く、自筆証書遺言という方式があります。気をつけたいのは、この場合、ワープロなどで作成してしまうと無効になってしまうということです。有効な遺言にするためには、全文、日付、氏名などはすべて自筆で書くようにしましょう。そして、押印を忘れても無効となりますので、こちらも忘れないようにしたいところです。特に実印で押印する必要はありません。
特に手間がかからず、いつでも作成できますが、紛失したり、発見できない場合はそれが実行できなくなる場合もあります。より保管を確実にするのであれば公正証書遺言にしておくとその原本は公正役場に保管され、遺言者が亡くなった後は、検索をすることもできます。検索は、全国どこの公正役場でもすることができます。検索するときには、遺言者の除籍謄本または死亡診断書、請求者が利害関係人であることを証明するための戸籍謄本、請求者の本人確認資料(運転免許証など)が必要となります。
この方法なら、内容が改竄される心配もありません。また、この方式の遺言には証人2名が必要となりますので、後から相続人からその有効性を争われた際にも、無効となる可能性は高くないと言えます。
また、自筆証書遺言の場合には、相続手続きに際し、家庭裁判所の検認審判を受けなければ使用することができません。これに対して、公正証書遺言であれば、検認を受ける必要がありません。たとえば遺言書は、不動産登記の添付書類となりますが、自筆証書遺言の場合には検認済みのものでなければ登記が受理されないのに対し、公正証書遺言の場合には、検認をうけていない、そのままの遺言書を添付すれば登記は受理されます。
他に、秘密証書遺言と言う方式もあります。この方法は、遺言者が署名押印をした遺言書を封筒にいれ、遺言書に押した印鑑で封印をします。そして、その封印した遺言書に、遺言者、公証人、二人の証人がそれぞれ署名・押印することで作成します。全文を自署する必要がありませんので、文章を書くことが困難な方には適した方式かもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.unitgems.com/mt/mt-tb.cgi/16

コメントする

最近のブログ記事